2話のネタバレレビュー

神の乳母2話のネタバレレビュー

 

神の乳母2話のネタバレレビュー

 

がっつりと百合恵の体にしがみついている化け物みたいな赤ちゃん。

 

お願だから離れてというが、通じる訳もなく・・・

 

 

 

そして、赤ちゃんのへそから伸びているへその緒らしき奇妙な物が、まるで男性のアソコのようで本能的に恐怖だった。

 

 

 

百合恵は思うように体を動かせなくて、寝転んでしまう。

 

 

するとへその緒が伸びてきて、

 

「それをどうするつもりなの?」

 

 

 

彼女は、そのへその緒が私のアソコに入ってくるのではと想像したが、思った通りにへその緒は太く伸び彼女の下半身へ!!

 

 

うそ・・・!

 

 

 

彼女のアソコを探すように這い進み、下着の中に入り込んできた!!

 

 

 

先端部分が動き、何かを探っている様子。

 

 

 

それだけは許して!!

 

 

 

そしてついにその場所を探されて、彼女の膣の中ににゅるにゅると入っていったのです!

 

 

 

 

夫のモノよりも簡単に奥まで到達され、奥まで舐められているような快楽に襲われいやらしい声をあげてしまう・・・

 

 

 

言葉では抵抗していても、膣内からは愛液があふれ出てきます。

 

 

そしてへその緒はその愛液を先端部分で音を立て吸っているのです!

 

 

 

 

その後、幾度となく犯されイかされる・・・

 

何度も何度もわたしは強制的に絶頂させられました。

 

 

 

 

早く帰ってあの人とユウくんの食事の支度をしないと・・・

 

 

そこに神守が帰ってきた。

 

 

 

「お願いです・・・わたしを、家に帰してください・・・!

 

 

すると、神守は家に帰すが、これから神の乳母としてここに毎日来ることを約束させるのだ。

 

 

そして、

 

「もしこのお役目から逃げたりしたら神様はきっと貴女も、貴女の家族もお許しにならないわ」

 

そう脅されるのでした。

 

 

 

 

>>3話のネタバレレビュー