3話のネタバレレビュー

神の乳母3話のネタバレレビュー

 

神の乳母3話のネタバレレビュー

 

 

その後、毎日ベビーシッターとして神守の家に通い続ける百合恵。

 

 

こんな気味の悪い人間じゃない赤ちゃんに、しかも体を好きにされて・・・

 

 

彼女にとってこの上ない苦しみでした。

 

 

逃げ出してしまえば、大事な家族に危害が及ぶかもしれない・・・

 

そう思うと、嫌でも続けなければならなかった。

 

 

神守の家に行くと、赤ちゃんはすぐに百合恵の元に這ってきます。

 

赤ちゃんは、最初にあった時よりも大きくなっていました。

 

 

彼女の乳房にしゃぶりついた赤ちゃんは、すぐに乳首の場所を見つけて強く吸い始めた。

 

 

「そんなに吸ったって、母乳は出ないのよ。私はあなたの母親なんかじゃないんだから・・・」

 

 

百合恵のその言葉を分かっているのか、さらに強く乳首を吸う赤ちゃんに百合恵は軽くいってしまった。

 

 

旦那の愛撫でもこんな簡単にいった事がないのに・・・

 

 

そう思う百合恵でした。

 

 

ひときり乳首を吸うと、今度はへその緒を伸ばし彼女の下半身を探り始めます。

 

 

百合恵は、これから行われる行為を、家族を思い浮かべて耐える覚悟をする。

 

へその緒が膣に侵入すると、いつもより奥まで・・・子宮の中まですぐに到達した。

 

 

初めて経験する快感に、頭がおかしくなりそうになる。

 

 

もっとして・・・

 

 

彼女はついに自分からもお願いしてしまい、快楽に溺れてしまうのだ・・・

 

 

 

 

 

神の乳母を読むならこちら↓
無料立ち読みはこちら